2017年2月2日木曜日

北海道の生活②

 先日の大雪後、北海道の旭川支店から信州中野支店に赴任してきたあるお店の店長さんに
この雪について感想を伺うと…

 「雪には驚かないが、寒いのに驚いた」、との事。

東京出身の彼ですが、北海道に3年ほど居て、
冬の暖かさに慣れたところで、信州へ。

住宅の室内の寒さは言うに及ばず、
勤務先の店舗でも室温が低すぎて
「よくも皆さんこの温度で我慢していますネ。」と
お褒め?の言葉を頂きました…。

ここで、思い出しました。
冬にヒートショックが原因とみられる浴室での死亡事故数の差です。
長野県が全国でも死亡率が高いのに、
北海道は長野家の半分以下と
沖縄に次いで全国2位の低さです。

スカイホームでは、暖かく低燃費な家を造っていて、
その普及に努めています。
上図の左上が長野県や本州の家
(一部の部屋だけ温めてその他は無暖房)だとすると、
右下が北海道の家
(家全体を温めてヒートショックは無く快適だけれど、
暖房費がメチャメチャかかる)イメージ(ゴメンナサイ m(_ _)m)。

スカイホームは、左下。
全館暖房でヒートショックなく快適で、
かつ、左上よりも省エネルギーです。
新住協の会員は皆さん、このイメージ!

さて、当初の北海道の暮らしを
実体験するためと、
北海道の住宅建設の現状を勉強するため
3月に新住協の研修会に参加してきます!

十勝支部の方々にお世話になってきまーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿