2018年2月17日土曜日

実測室温公開!超断熱の家

こんにちは(^_-)

このまま春になっちゃうの?と思っていたら、また雪が降って来て真冬に逆戻り。

午前中は晴れるだろうと八町のお客様宅へ測量に行ったのですが雪の為、途中で切り上げて来ました。

来週から弊社のモデルハウスを購入されたお客様の要望に沿い、一部改修工事が始まりエアコンを切ってしまうので、11月から計測していた室温を公開致します。

一番寒い1月を抜粋致しました。外気温は気象庁の長野市が測点ですから、モデルハウスがある須坂市は更に2,3度低い外気温と推測されます。

リビングに1台ある8帖エアコンの設定は23度、そのエアコンで36坪の建物を全館暖房しています。

エアコンから遠い2階では2度ほど下がりますが、まったく寒くはありません。

また、生活による水蒸気が発生しない為に湿度が20%台と低く、実生活での40~50%になればエアコンの設定温度を20度近くに下げても同じ体感温度になるでしょう。

私の築12年の家では、リビングは18度ですが廊下を出た瞬間、7、8度の世界になります。家の中なのに10度以上の落差・・・。年を重ねる度に、この寒さは身に沁みます(T_T)。

エアコン1台で全館暖房の家 3月3・4日にイベント開催予定です。ぜひ体感を!




1 件のコメント:

  1. 12年前は超断熱なかったんですね!建てるなら超断熱ですね

    返信削除