2016年9月3日土曜日

ユニットバスのブラックカウンターは・・・

 これからユニットバス内でカウンターや浴槽、棚などの色選びをされる際のご注意をを申し上げます。

今春お引き渡ししたお客様宅へお住まい心地を尋ねにお邪魔したところ、「住宅自体は申し分ないけれど・・・」と前置きされた上で、「ユニットバスの黒いカウンターがお掃除をしても綺麗にならない」とクレームを頂戴しました。

 見せていただくと…。
カウンター上の水平面に留まった水滴の水道カルキ分が固化して、マットブラックだったものがマーブル模様のようになってしまっています。

 早速、メーカーに対応してもらって元のように戻ったのですが、男性二人で1時間半も作業に掛かりました。
 これに懲りて、スカイホームではカウンターを初め、浴槽、棚、床など水平面のあるものには、ブラックカラーを採用しないようにお客様にお伝えすることにしました。

 私の自宅でもユニットではありませんが、浴槽内の黒いタイルの水平面には同様の縞模様が付き易いので毎使用後に吸水タオルで水滴を拭き取っていますが、やはり少しずつ着いてしまいます。
 毎年末、専門のお掃除やさんに白い縞模様を取って貰っていますが、結構な費用が掛かります。

 確かにショールームでは格好良いのですが、お手入れが大変過ぎますネ。

0 件のコメント:

コメントを投稿